ルナメアACは副作用がヤバかった!?知らずに使ってニキビだらけになる前に

ayudy

ニキビに悩みを抱える人は実は非常に多いんですね。

学生さんの思春期ニキビや成人してからも大人ニキビが待っていたりします。

そんな中、最新技術のニキビケア、ルナメアACが人気爆発中です!

富士フィルムの独自技術で憎たらしいニキビにアプローチできると話題なんですが、

ネットでは副作用について言われている事があったりするんですね。

そんな口コミを見てしまったらルナメアACを使う事に警戒してしまう人もいたりします。

ですが、実際はニキビに対してアプローチできるルナメアACを避けてしまっては勿体なかったりするので、

この記事ではルナメアACの危険性などについて詳しくご紹介していこうと思います。

ニキビの無い綺麗なお肌を手に入れたいって人は是非ご覧になってください!

 

ルナメアACの副作用でニキビだらけに・・・。

ネットで言われているルナメアACの副作用ですが・・・。

  1. ニキビが増えてしまった。
  2. 肌荒れしてしまった。

という口コミを見る事があります。

ですが、普通に考えてニキビが増える副作用がある成分をニキビケア商品に入れる事があるでしょうか?

製造・販売している会社が自社の商品を「わざわざ売れなくする」形で販売するって考えずらいですよね^^:

なので、ニキビが増えてしまった・肌荒れしてしまったって人には他に原因があったりします。

 

それでも、ルナメアACに危険な成分が入っていないと言い切れないのには訳があります。

エタノール

ルナメアACにはエタノールという成分が含まれているんですね。

例としてルナメアACファイバーフォームの全成分をご紹介します。

配合成分:グリセリン、水、ミリスチン酸、水酸化K、パルミチン酸、ステアリン酸、PEG-32、PEG-6、ラウリン酸、グリコシルトレハロース、ココイルメチルタウリンNa、ステアリン酸グリセリル(SE)、グリチルレチン酸ステアリル、酢酸トコフェロール、トコフェロール、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、ビルベリー葉エキス、ヒオウギエキス、アーチチョーク葉エキス、カオリン、結晶セルロース、加水分解水添デンプン、BG、ソルビトール、塩化Na、PEG-150、ステアレス-13、ポリクオタニウム-7、イソステアリン酸フィトステリル、カラメル、エタノール、オレイン酸Na、酸化チタン、酸化鉄、EDTA-2Na、銅クロロフィリンNa、メチルパラベン

 

このエタノールという成分は一般的には安全性が高い成分として知られていますが、

中には「アルコール(エタノール)が苦手」って人がいるんですね。

そういう人が使ってしまうと炎症や肌トラブルが起きてしまう可能性もゼロでは無いので注意が必要。

自分がアルコール(エタノール)で肌荒れしてしまうか分からないって人は一度パッチテストを行ってから使用する事をオススメします。

 

間違った使い方は逆にニキビを増やしてしまう。

エタノールが全然平気なのに肌荒れしてしまった・ニキビが増えてしまったって人はルナメアACを間違った使い方で使用している可能性が高いです。

ニキビや肌荒れの原因は「お肌の乾燥」。

ルナメアACでニキビの無い綺麗なお肌を目指すって人は美肌意識が高まりすぎて

  1. 洗顔時についつい力が入ってしまう(ゴシゴシ洗ってしまう)
  2. 洗顔の回数を増やしてしまう(朝・晩以外でも洗顔する)

なんてことをしてしまっている人がいます。

当然これらの行為はお肌に深刻なダメージを与え、乾燥を招いてしまっているんですね。

お肌が乾燥してしまうと・・・。

自分から肌荒れ・ニキビが増える行為をしてしまっているんですね。

なので、ニキビケアは正しい方法で優しく行って下さい。

 

まとめ

この記事では、ルナメアACの副作用についてご紹介してきました。

実際のところ、危険な成分は含まれていませんでしたが、エタノールが苦手な人は注意が必要でしたね。

また、洗顔方法などを間違ってしまうと肌荒れ・ニキビの原因に繋がったりするので正しいニキビケアが大事とご紹介しました。

正しく使えばルナメアACはニキビ対策の強い味方になってくれます。

とは言え、全ての人が安全に使えるって訳でも無いのでお医者さんへの相談やパッチテストは重要なんですね。

 

この記事を読んで下さったあなたが、ニキビの無い綺麗なお肌を手に入れる事を願って終わりにさせていただきます。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

●関連記事●

【最安値】ルナメアACを公式で買うと損ってマジ?お得なお試し方法とは